思いつくままに

~地上の星屑を追い求めて~

紅茶箱

紅茶箱


分類:歴史遺物
クエスト名:海の茶会
必要スキル:考古学(17)、探索(15)、北米諸語(1)
前提:-
一言メモ:ほんの小さな出来事「が」



ロンドン 冒険者依頼仲介人さん

海の茶会_0


ファクラー>> 久しぶりに高難易度クエストだ。

フィオーレ>> そうですね。 「海の茶会」というタイトルは可愛いですけど。

コーネリア>> 茶商人とボストンの住人との喧嘩についてのようだねー。 ホント、大事にならないといいけど。

ファクラー>> まあまあ。 さあ、戻ってきている商人さんにでも話を聞きに行こうかあ。



ロンドン 貿易商人さん

海の茶会_1


ファクラー>> 「『ボストン港をティー・ポット』にする!」って、センスあるね、オモシロい。

フィオーレ>> ファクラーさん、この商人さんの積み荷の被害は数箱の被害でそれほど怒ってもいらっしゃらないようですが、笑い事じゃないですよ。

コーネリア>> これが大規模な運動に発展する可能性もあるしね。

ファクラー>> まあ、そうだね。

コーネリア>> ボストンに行くよ。



ボストン 警官

海の茶会_2


フィオーレ>> お茶の廃棄で被害を与えると同時に、海が汚れて、仕事をさせないだなんて結構手が込んでますね。

コーネリア>> 結構、根深いかもね。

フィオーレ>> ファクラーさん、海まで見に行きますか。

ファクラー>> そうだね。



ボストン 発見

海の茶会_3


詳細

海の茶会_4



フィオーレ>> 現地の方々の話を伺うと、イギリス議会に植民地から代表を出していないにもかかわらず課税を次々と決める宗主国、イギリスに対して、相当不満が強まっているようですね。 

コーネリア>> フランスとの植民地争奪戦の戦費が嵩んでいることが、課税の原因のようだよ。

ファクラー>> なら、ボストンのイギリスへの反発って、そう簡単に終わらないじゃん。

フィオーレ>> そうですね、

コーネリア>> そうだね。

フィオーレ>> 以前、印紙による課税(印紙法)やお茶、ガラス、紙、鉛、塗料への関税(タウンゼンド諸法)が画策されたようですが、現地の反対でどうにか、お茶だけになったようですし。

コーネリア>> 今回の事件は、オランダから密輸を禁じ、自国で茶葉の在庫を大量に抱える特定の商会にのみ販売権を与えるという茶法が原因のようだね。

フィオーレ>> それも、密輸の茶葉よりも、特定商会の茶葉の価格は課税後の方が安いようなんですよ。

ファクラー>> そりゃひどい。 現地の人は、茶葉からドンドン規制の対象が広がっていくと思っちゃうよ。 それに、その茶葉を買えば、ある意味課税を認めたことにもなっちゃう。

フィオーレ>> そうなんですよ。

コーネリア>> 更なる事件に繋がらないように、慎重に言葉を選んで報告しないといけないよ、船長。

ファクラー>> そうダノー。

フィオーレ>> なんですか、それ。

ファクラー>> ちょっと、掛けてみた。

フィオーレ>> それ、前回、新商会長への感謝を伝えて下さいと私が言った後、ファクラーさんの発言の先頭の縦読みしたら「『あ』、『●』、『●』、『。』、『さ』、『ん』」となったのに、誰も気づかなかったじゃないですか。 

コーネリア>> リンゴと、ぷらら姐さんのリンク先•ヽ(#゚Д゚)ノ┌┛)`Д゚)・;'を掛けたのもね。

ファクラー>> 空回りしてしまいました、スイマセン。




このファクラーの報告が駄目だったからかというわけではないと思うのですが、


イギリス政府はこれ(ボストン茶会事件)に対して、翌年、ボストン港の閉鎖・マサチューセッツの自治の剥奪・兵士宿営のための民家の徴発などの強硬な「抑圧的諸法」を出してボストンを軍政下に

植民地側は同年9月、フィラデルフィアに12の植民地代表を集めて第1回大陸会議を開き、本国議会の植民地に対する立法権を否認することと、イギリスとの経済的断交を決議

翌年4月、ボストン郊外のレキシントンとコンコードでイギリス軍と植民地民兵が衝突(レキシントン・コンコードの戦い)し、ついに独立戦争が勃発


となり、紅茶箱は歴史遺物となったのでした。


アメリカでは、、こうした一連の茶葉への課税が原因か、お茶よりもコーヒーになっていたと

言う説もあるようです。


スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

その縦読み高度すぎですって!ww

  • 2017/03/09(木) 19:38:00 |
  • URL |
  • ぷらら #-
  • [編集]

ぷららさんへ

いやあ、

新商会長についてどうやったら伝わるかで全く伝わっていないという

スイマセンww・・・m(_ _)m



今回はイギリス東インド会社でした^^

  • 2017/03/09(木) 21:29:03 |
  • URL |
  • ファクラー #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fackler.blog.fc2.com/tb.php/559-3607b27e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

ファクラー

Author:ファクラー
風向きが良ければ、楽しんでいただけるかと。

(C)2005-2013 TECMO KOEI GAMES CO., LTD. All rights reserved. このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大航海時代 (102)
大人の絵画 (1)
大人のダンジョン倶楽部 (16)
ナツメースの旅 (7)
大海戦 (1)
イベント (4)
もくじ (1)
発見物・史跡 (4)
発見物・宗教建築 (6)
発見物・歴史遺物 (19)
発見物・宗教遺物 (6)
発見物・美術品 (8)
発見物・財宝 (16)
発見物・化石 (4)
発見物・虫類 (6)
発見物・植物 (14)
発見物・鳥類 (7)
発見物・小型生物 (2)
発見物・中型生物 (8)
発見物・大型生物 (6)
発見物・海洋生物 (4)
発見物・地理 (20)
発見物・天文 (9)
発見物・気象・現象 (3)
その他 (27)
ファクラーの長期資本管理~嗚呼投資にはほど遠し~ (0)
競馬 (4)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR