思いつくままに

~地上の星屑を追い求めて~

12G

こんなに

DOLマネーがあったら

いいのになあ~(´∀`*)



Pocket Wifiが制限7Gを超えて、

12G((((;゚Д゚)))))))



誰ですか、

ファクラーは全く学習しない船長ですね、

また同じネタですかって言った人!?



新たな投資ブログのために

カッコつけようとyahoo finance(米国)を見ていたんですよ、

そしたら動画ニュースや広告が横で流れていたらしく、

気づいたら11G超(。Д゚; 三 ;゚Д゚)



一回一回、

通信速度が制限を解除しますかの

コメントが(*゚Q゚*)



で、今ノートPC持って、

wifi free喫茶にて

更新中( /ω)


イベントやりたい!



スポンサーサイト
このページのトップへ

レースを編む女

第42弾、「レ」

レースを編む女

分類:美術品
クエスト名:「画商が描いた絵画」
必要スキル:探索6 美術8 オランダ語
一言メモ: 偉大な画家による「小さな」風俗画。


ヴェネツィアの冒険者依頼仲介人さんよりクエストを引き受けました。

画商が描いた絵画_0


フランドル地方(アントワープ周辺)にいい画家さんがいるらしいので、情報を収集に参ります。

いやあ、マルセイユ・パリ間を馬車で一瞬で移動できて、ホント便利な世の中ですよね^^

是非、この調子でヴェネツィア・ピサ間も、お願いしますm(_ _)m



アントワープの工房職人さん
画商が描いた絵画_1


画家の方の名前はフェルメールさんと言うそうです。


ロンドンのダケットさんが所蔵しているとのことで、ロンドンに参ります。



ロンドンのダケットさん

画商が描いた絵画_2


フェルメールさんは、画商にもかかわらず、

ご自身の絵は、あまり流通させることに熱心ではなかったんですかねー?



ダケット邸で絵を拝見!

画商が描いた絵画_3_レースを編む女



詳細

画商が描いた絵画_4



ヤン・フェルメールは、「真珠の耳飾りの少女」で有名な画家で、

DOLでも「フェルメールのターバン」なるアイテムがあり、
これです(ダニエリさん模写に飛びます)

変性錬金で17世紀のエイジ装備になりますよね。

持ってないけど・・・



wiki(歴史画風俗画ヨハネス・フェルメール)によると、


西洋画壇では、18世紀頃までは、

「歴史画(神話・宗教)に最高の価値を置く絵画観」が強く、

「庶民の普段の生活を描写し日常生活のさまざまな面を描いた作品である」風俗画は、

その英語表記である「プティ・ジャンル(petit genre)の "petit" (小さな)は 歴史画などの偉大なジャンル(grand genre)の "grand"(大きな)に対して付けられたもので」あり、

位置づけとして低く見られていたそうです。


そのためでしょうか、

「映像のような写実的な手法と綿密な空間構成そして光による巧みな質感表現を特徴とする」写実主義を基本とし、

風俗画を多く残しているフェルメールは、

生前と比較すると「忘れられた画家」となり、

再び脚光を浴びたのは19世紀になってからだそうです。


なおフェルメールには、なんと奥さんとの間に、「15人の子供が生まれたが、4人は夭折した。それでも13人の大家族であり、画業では養うことができなかったため、裕福な義母マリアに頼らざるを得なかったと思われる。」とあり、驚いてしまいました。



現在、ルーヴル美術館が所蔵しています。



このページのトップへ

ルイスのチェス駒

第41弾、「ル」


ルイスのチェス駒


分類:財宝
クエスト名:「遊戯にも贅沢を」
必要スキル:考古学4 財宝鑑定6 探索4
一言メモ: チェスも将棋も、起源はインドのチャトランガ。


チェスの駒を並べながら、記憶を辿ります。
※蘭亭序もそうだったけど、これも出なかった><



ロンドンの冒険者依頼仲介人さんより受けたはず。

遊戯にも贅沢を_0


古く珍しく、美しいチェスの駒の情報を求めて、

まずはその歴史からヒントを得よとのことだった。



ロンドンの書庫の学者さん

遊戯にも贅沢を_1


遊戯の歴史は文字として記されにくいと言っていたけど、

確かに、神話・王家・宗教の歴史と比べると、そうかもしれない。


考古学の棚に、チェスに似たインドの遊戯の記述があると言われ、

あ、イングランドからインドにいかずに済んで良かったと正直思った(照)。



書庫(考古学)の棚

遊戯にも贅沢を_2


ゾウ、ウマ、戦車、兵士をかたどった像とマス目の刻まれた板が出土し、


インドの僧によると、それはチャトランガという記載があったのだ。


それを、再び学者さんに話すと、

遊戯にも贅沢を_3


学者さんがチャトランガとチェスに共通点を

見出したんだった。


学者さんに促されて、

再度、書庫(考古学)を見たんだった。

遊戯にも贅沢を_4


ペルシャでは

遊戯でありながらも軍の戦略を練るかのような

シャトラジと呼ばれる記録があったということだった。



学者さんに再び話をすると、

遊戯にも贅沢を_5


チャトランガとシャトラジとが内容や名前が似ていることから、

交易路経由で伝来したのではないか、

チェスにそうした伝来があるのではという話になったと記憶している。



ロンドンの出航所役人さんに、古い時代の交易品について確認を取ると、

遊戯にも贅沢を_6


シャトランジはないけど、

シャフマトゥというのがあると聞いて

さらにそれがベルゲンからきたという情報を得たんだった。



ベルゲンの彫刻家さんからは、

遊戯にも贅沢を_7


学者さんや出航所役人さんの読み通り、

シャフマトゥがチェスだという情報を得たんだった。



さらに、ベルゲンの彫刻家さんから

遊戯にも贅沢を_8


チェスはインドで発明されて

伝搬していくうちに名前が変わったという情報を得て、

ヴァイキング侵攻によって

イングランドにもたらされているのではという核心的な情報を得て、


ブリテン島の北に向かい、発見したんだった。

遊戯にも贅沢を_9_ルイスのチェス駒



詳細

遊戯にも贅沢を_10_詳細


発見したのは、セイウチの牙でつくられた精巧なもので、

依頼人を満足させることが出来たんだった。


チェスに似た日本の将棋にも贅をつくした品があり、

例えば、蘭亭序で有名な王羲之の書体の駒などがあります。



将棋といえば、羽生善治さんです。

羽生善治さんによると、

「将棋が日本に入って来たのは、だいたい1000年から1500年前と言われています。日本の将棋がどういうところから始まったかというと、おそらくは貿易や交易にまつわるところからだったろうと言われております。『金将』と『銀将』は、金銀財宝を表しています。『桂馬』と『香車』は、香辛料を表しております。金銀財宝や香辛料が駒という形になって日本に伝わってきたという経緯があります。
アジア各国にはそれぞれ独自の将棋があると言いましたが、日本に飛びぬけて異質な2つの独特のルールがあります。一つは同じ色の駒で対局するということであり、これは日本の将棋にしか見られません。(中略)これは獲った駒をもう一回使う、再利用するためで、今盛んにリサイクルが叫ばれていますが、日本の将棋では昔からリサイクルが行われています。
もう一つの特徴は次第に規模を小さくコンパクトにしていったことです。(中略)そうなったのが約400年前で、丁度江戸幕府ができた頃に現在のルールが確定しました。小さくコンパクトにしていくというのは、将棋だけの話ではなく、日本文化が持っている特徴だと思います。(中略)これは昔だけの話ではなく、今の時代にも通じています。(中略)ですから現れるジャンルや世界や形は時代とともに変わっていくとは思いますが、日本文化の核の部分、根本的なところは1000年前も今もあまり大して変わっていないではないかと思っています。」(「日経研月報」二〇一一年八月号 「決断力を磨く」より抜粋)

能や俳句、茶道、アニメーション、半導体などを例に挙げられ、

小生にも大変分かり易かったです。



話をチェスに戻すと、

ルイスのチェス駒に返還論争があるようです(wiki: ルイス島のチェス駒)。

「スコットランドのマイケル・ラッセル (Michael Russell) 文化・外務大臣は『スコットランド政府と大英博物館は、最終的なチェス駒の扱いについては互いに異なる見解にあることを合意した』と表明した。」とありました。

この辺りは、引き分けという戦略があるチェスの国ならではということになるのでしょうか。


こういう交渉術を見習っていっていきたい。


[“ルイスのチェス駒”の続きを読む]
このページのトップへ

2015年12月の振り返り-未知との遭遇と偉大なる冒険者との遭遇-

黒毛和牛のローストビーフのおいしい季節ですね!

ファクラーです。



2015年12月の振り返り


未知


未知との遭遇w チェーザレさんの何やらスゴイ必殺技のような状況でしたw

つ 単に、回線が不安定だったからだろ




12月31日、elieさん主催の大晦日大喜利大会とアーセナルさんのLSL年越しライブに参加してきました^^


その最中のことです。

何やらかぼちゃの被り物をした方が高速で駆け抜けていくではありませんか@@

はっ、ここはE鯖!

あの方は、もしやサルベージやダンジョンで滅多にお目にかかれない偉大なる冒険家むっぱーさんではないか!!

断片をお渡ししたい、とむっぱーさんを追いかけ

偉大なる冒険者


2015年の最後のクエスト達成w


滅多に会えない人にあえて、

なんかイイことありそうだなあと思っていたら、

年末ジャンボとミニ併せて宝くじ1,200円(4枚)が3,600円(3枚当たり)になりました!!!


当たった宝くじは早速、以前より食べてみたかった

黒毛和牛のローストビーフ(半額)に化けましたwww



[“2015年12月の振り返り-未知との遭遇と偉大なる冒険者との遭遇-”の続きを読む]
このページのトップへ

課金が・・・

切れちゃいました(〃ノωノ)

つ 何、名言ぽく言ってるんだ コラッ(`・o・´)۶ ☆(;>pq<)イ


というわけでか、分かりませんが、

新たに投資ブログを立ち上げ、


DOLとリアルと分離を図ります!

なお勝手ながら、コメントや多大な拍手を頂戴している記事は「その他」に分類させて頂きましたm(_ _)m


追伸

姐さん、記事探すの大変でスイマセンでしたm(_ _)m
このページのトップへ

リディアの貨幣

第40弾、「り」


リディアの貨幣


分類:歴史遺物
クエスト名:「アナトリア半島の古い文明」
必要スキル:開錠2 考古学4 探索2
一言メモ:
ヘロドトスはリディア(リュディア)人のことを、
「我々の知る限りでは、金銀の貨幣を鋳造して使用した最初の人々であり、また最初の小売り商人でもあった。」
と記述している(wiki: エレクトロン貨)。


アテネの冒険者依頼仲介人さんより

アナトリア半島の古い文明_0


受けました。

古くは、鉄製技術(関連記事)を活用したというヒッタイトやダイオレス1世・3世で有名なアケメネス朝、ローマ帝国、ユスティニアヌス帝(関連記事)で有名なビザンツ帝国(東ローマ帝国)、メフメト2世(関連記事)で有名なオスマントルコに支配されている地域ですから、確かに多くの国支配されていますね。


アテネの学者さんのもとに

アナトリア半島の古い文明_1


カッパドキアですね・・・

トルコ北岸からアナトリア高原です!
(間違って黒海東岸からコーカサス地方に向かってしまいました。
 行き当たりばったりで、効率的でない><)


発見

アナトリア半島の古い文明_2


詳細

アナトリア半島の古い文明_3



リディアでは、

紀元前670年頃にアナトリア半島のリディア王国(リュディア王国)で発明された、

エレクトロン貨という世界最古の鋳造貨幣(硬貨)があり、

さらに、

紀元前6世紀の中頃に、リディア王クロイソスが通貨改革を行い、エレクトロン貨を廃し、

金貨と銀貨から成る通貨制度を世界で始めて導入したとされる

とのことです(wiki: エレクトロン貨)。



因みに、

このエレクトロン(金銀の合金)は、

摩擦により帯電させて静電気の研究を行ったウィリアム・ギルバートが、

現在でも電気の意味を表すエレクトリック(electric )という言葉を初めて作った

とのことです(wiki: エレクトロン貨)。



岩井克人の『貨幣論』による

「貨幣が貨幣であるのは、それが貨幣であるからなのである」

という画期的な着想を実現させたものであり、

それも人々が信じたくなる神秘的な輝きを持ち傷みにくい貴金属で鋳造したのですから、

リディア人の技術力はスゴイ!


このページのトップへ

新年の目標

お餅のうまい季節ですね^^

正月の餅

(ダニエリ師匠より拝借)



ファクラーです。


今年の目標

○ブログ企画 50音表(あいうえお順)発見物の完成

○ブログの分離(大航海時代OnlineとリアルOffline)

○亡命

○錬金術

○効率微増




○ブログ企画 50音表(あいうえお順)発見物の完成

ブログ企画は、今年の6月頃までに完成させます(一覧はコチラ)^^

そもそも発見物でクエストが回顧できるようになる前に始めたので、

次どうするかとか含めて考える必要があるかもしれない(単純にイロハかもw)。


○ブログの分離(大航海時代OnlineとリアルOffline)

ブログの分離は、これ必然ですね。

浮世を忘れるために行っているのに、引き戻してはいけませんね、

自分のことにかまけ過ぎで、反省です。


○亡命

亡命は、海難1890を見て

オスマンに亡命しようと思ったという

単純な理由ですw

亡命に際しては、イングランドとかも

するといいでしょうね。


○錬金術

なんとなく手を出して、

結局R7位で止まっているので、

雷のお守りとネットカフェキャンペーン等を利用して

効率よく上げられればと思います。


○効率微増

独身の実家暮らしで、フレックス勤務(10時~18時30分)であり、

基本的に時間制限が人よりはない状態です。

ただ、それに甘えて、

色々な所で効率が見失われているようなので、

人生を含めて少しは効率を上げなくては。


そういえば、LSLで

今年の抱負を漢字2文字ということで

「大人」ということを申し上げ、

どっしりと構えられる精神力が欲しいのです。


またしても、「効率」と「大人」はリアルに通じてしまいましたが、

生暖かく見守って頂ければと存じますm(_ _)m


[“新年の目標”の続きを読む]
このページのトップへ

謹賀新年

新年あけまして、

おめでとうございます!


2016年が皆様にとりまして、

より一層佳い年となることを

お祈り申し上げますm(_ _)m


祈り


このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

ファクラー

Author:ファクラー
風向きが良ければ、楽しんでいただけるかと。

(C)2005-2013 TECMO KOEI GAMES CO., LTD. All rights reserved. このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大航海時代 (102)
大人の絵画 (1)
大人のダンジョン倶楽部 (16)
ナツメースの旅 (7)
大海戦 (1)
イベント (2)
もくじ (1)
発見物・史跡 (3)
発見物・宗教建築 (6)
発見物・歴史遺物 (18)
発見物・宗教遺物 (6)
発見物・美術品 (7)
発見物・財宝 (15)
発見物・化石 (4)
発見物・虫類 (5)
発見物・植物 (13)
発見物・鳥類 (7)
発見物・小型生物 (2)
発見物・中型生物 (7)
発見物・大型生物 (5)
発見物・海洋生物 (3)
発見物・地理 (19)
発見物・天文 (8)
発見物・気象・現象 (2)
その他 (26)
ファクラーの長期資本管理~嗚呼投資にはほど遠し~ (0)
競馬 (4)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR