思いつくままに

~地上の星屑を追い求めて~

ハトラ

短期シリーズは早速、休止

ハトラ

分類:遺跡
クエスト名:神の家
必要スキル:考古学(5)、視認(3)、イタリア語(1)
前提:-
一言メモ:温故知新、先人の知恵。



冒険者依頼仲介人さん

神の家_0


ファクラー>> あっ、依頼斡旋書がなくなった。

フィオーレ>> あら。 それは、大変ですね。

ファクラー>> 取りに戻るかあ。

フィオーレ>> ファクラーさん、このクエスト名、「神の家」ですって。

ファクラー>> 分かりました。 受けましょう。

フィオーレ>> 本当ですか。 有難うございます。



アテネ 技師マルティネンゴさん

神の家_1


コーネリア>> 最盛期のローマ王国が、攻め落とさなかった要塞というのは興味深いね。 船長、ローマに向かっていいかい。

ファクラー>> うん。 あれ。

コーネリア>> ローマに向けて出発するよ。



ファクラー>> 馬小屋とかじゃなくて、要塞だったね。

フィオーレ>> そうですね。 要求されているスキルが、宗教学ではなく考古学でした。

ファクラー>> いや、いいよ。

コーネリア>> 勘違いがなければ、アタイにとって、興味深いクエストに出会えなかったよ。

フィオーレ>> ごめんなさい。そして、ありがとう。


フィオーレ>> 技師マルティネンゴさんは、ルクレッツァ・ロッソさんから聞いた話ですけど、オスマントルコに対抗するための要塞作りにヴェネツィアから派遣された城砦技師らしいですよ。

ファクラー>> へえ、そうなんだあ。 知らなかった。 お二方の探求心には頭が下がるね。

フィオーレ>> ホントにそうですね。



ローマ 歴史学者さん

神の家_2


コーネリア>> ローマの名だたる皇帝が攻めて落ちなかったのは、記録にも残っているんだね。

ファクラー>> ユーフラテス川の上流って、結構あるね。 まあ、ここまで進めたんだから、発見しに行くかあ。

フィオーレ>> はい。

コーネリア>> そうでなくっちゃ、船長。 



ユーフラテス川上流

神の家_3


ファクラー>> これかなあ、発見。


フィオーレ>> 現地の方の話では、100を超える防御塔があり、オリエント風の神殿とギリシャ風の神殿が並び立っていたということらしいです。

ファクラー>> そうなんだあ。



詳細

神の家_4
スポンサーサイト
このページのトップへ

ヴィッラ・アドリアーナ

ヴィッラ・アドリアーナ

分類:史跡
クエスト名:皇帝の別荘
必要スキル:考古学(6)、視認(4)、イタリア語(1)
前提:「五賢帝の大理石像(歴史遺物/ハドリアヌス帝の大理石像)」
一言メモ:別荘いいなあ


リスボンの冒険者依頼仲介人

皇帝の別荘_0


ファクラー>> ゴージャスなやつを頼むよ。できれば、それでいて涼しいの。

ランスロット>> ああ、分かったよ。これなんて、どうだい。皇帝の別荘だって。

ファクラー>> ぴったりだ。古代ローマの五賢帝の一人ハドリアヌス帝の別荘だなんて、楽しみだ。

コーネリア>> なら、依頼人の門番がいるジェノヴァに向かう。



ジェノヴァの門番さん

皇帝の別荘_1


ランスロット>> 嘆く気持ちは分かるよ。

コーネリア>> そう。 いつの時代も、簡単に休みを取れる職とそうでない職がある。まあ、人にも依るけど。ジロッ。 

ランスロット>> みんなが休みの時に、自分は取れないとか。自分だけ取ろうとするとか。ジロッ。

ファクラー>> 分かった。 君の代わりに、この街の学者さんに聞き込みをして、調査してくるよ。

ランスロット>> 気づいていないようだね。 

コーネリア>> そのようだね。比較的恵まれていることに



ジェノヴァの学者さん

皇帝の別荘_2


ファクラー>> 皇帝が巡行して魅了された建造物が再現されているなんて、凄いねー。興奮する。

ランスロット>> クエスト名、皇帝の別荘に相応しいですね。 場所は、ローマの東、ティボリというところのようです。

コーネリア>> 学者さんの言うように、ナポリ近郊から北東に向かいますよ。



ナポリ近郊で発見

皇帝の別荘_3_ヴィッラ・アドリアーナ


ファクラー>> このあたりかなあ。それにしても、ずいぶん大きな遺跡群だなあ。

ファクラー>> これなんか、ギリシャの回廊にありそうじゃない。

ファクラー>> おお、池が整備されている。

ファクラー>> おーい、こっちの彫刻も綺麗だよー。

ランスロット>> 往時の面影はあるんだけど、なんか、荒廃してきているね。戦争かなんかが原因かなあ。

コーネリア>> それもあるだろうね。

コーネリア>> 加えて、相当の石材が運び出されているよ、これは。

コーネリア>> 特に、装飾が施された石柱とかは盗掘されていると推測されるね。



詳細

皇帝の別荘_4



4トラベル様のトラベルログより

ハドリアヌスの別荘(ヴィッラ・アドリアーナ) その2 ポイキレとカノプス

ハドリアヌスの別荘(ヴィッラ・アドリアーナ) その3 遺跡の建築群(大浴場、海の劇場、宮廷、黄金の間その他) [“ヴィッラ・アドリアーナ”の続きを読む]
このページのトップへ

クスコ

なんでだろー、

なんでだろー、

甲子園が面白いのなんでだろー。


って、イヤイヤ、違うでしょ!


なんでだろー

なんでだろー、

(戦闘)名声縛りがあると思っていた、クスコ、マチュピチュを発見できたのなんでだろー^^


クスコ


マチュピチュ



というわけで、「クスコ」はじまり、はじまり。

分類:史跡
クエスト名:秘境の都→アンデスにそびえる都
必要スキル:視認9 考古学11 社交10
前提:キープ・カマヨック
一言メモ:発見できてよかった^^


ポルトベロの冒険者依頼仲介人さんより

秘境の都_0


リマの名探検家さんより×4

秘境の都_1

秘境の都_2

秘境の都_3

秘境の都_4

黄金郷がインカ帝国!?ということで、

インカ帝国から派遣された門番に探りを入れてほしいという依頼です。



ファクラー「門番さん、インカ帝国の都に行きたいんですけど、いいですか?」


リマの北門番さん×3

秘境の都_5

秘境の都_6

秘境の都_7


どうやらマプチェ突撃隊をやっつければ、お目通りが叶うらしい。



ファクラー「コーネリアさん、今から太陽の護符を連打するので、少しの間おとりになって」

秘境の都_8

(コマンドって、こんなにあるんですね)


秘境の都_9

「ところで、マプチェ突撃隊に、重ガレオン10隻も売った奴誰だー」


クエスト名が変更

アンデスにそびえる都_0



リマ 門番さんに、マプチェ突撃隊を撃破したことを報告

アンデスにそびえる都_1

インカ帝国の都に行くお許しが出て、

リマ北を進んで、巨大枯れ木から奥へ入ると

発見

アンデスにそびえる都_2


市内観光でもしようかと思ったら、
なんかでっかい祭壇みたいなのがある!

アンデスにそびえる都_番外編1

アンデスにそびえる都_番外編2


詳細
アンデスにそびえる都_3
このページのトップへ

ウル

第3弾ということで「う」で始まる発見物。



ウル

分類:史跡
クエスト名:「古代メソポタミアの都市」
必要スキル:視認3 考古学5 アラビア語
前提:-
一言メモ:四大文明の都市



アレクサンドリアの冒険者ギルドで引き受けました。

古代メソポタミアの都市_0

もしかしたら前提に「ピラミッド」発見があるかも!?



アレクサンドリアの学者さん

古代メソポタミアの都市_1


ピラミッドに似た建物は「ジッグラト」というそうです。



イスラム国家も学問が盛んであったと記憶していますが、学者さんの勧めるまま、アテネに。

アテネの学者さん

古代メソポタミアの都市_2


ジッグラトというのは神殿なんですね^^


アテネの学者さんが話を伺ったというマルセイユの学者さん

古代メソポタミアの都市_3


月の女神のための神殿なんですね。


その情報が載っている粘土板を調査したというセビリアの学者さん

古代メソポタミアの都市_4



学者さんからの情報を基に、バスラの街役人さんの所へ

バスラはチグリス川・ユーフラテス川の下流域にあり、古代メソポタミアの情報への期待が高鳴ります^^

古代メソポタミアの都市_5



バスラ郊外からウル地方へ

発見

古代メソポタミアの都市_6


帰り際に記念撮影^^

古代メソポタミアの都市_番外編



詳細

古代メソポタミアの都市_7




wiki(メソポタミア文明メソポタミアウルシュメール、)より


建物(ジッグラト)は

レンガ造りで、

規模は、第一層が底面62.5m×43m(2,500㎡強)で高さ11m、

第二層が底面38.2m×26.4m(1,000㎡)で高さ5.7m、

最上部に神殿があったそうです。

四隅が東西南北を指していたとのこと。


紀元前2,000年ごろに建てられたと言いますから、約4,000年前ですかぁー、

小生の生まれる随分と前ですね。


また、バベルの塔は、バビロンにあったジッグラトによるのではないかという説もあるようです。


粘土板にあった文字は、

DOLでは明言されていませんが、象形文字を発展させた楔形文字かもしれません。

楔形文字は、後世の西アジア諸国のさまざまな言語を表すのに利用され、

ハンムラビ法典(ハムラビ法典)が有名です。


古代メソポタミア文明とはメソポタミアに生まれた複数の文明を総称する呼び名であり

(メソポタミアの歴史:先史時代→シュメール文明(※メソポタミア文明期含む)→バビロニア
→ヒッタイト→アッシリア→ペルシア→ギリシャと移っていき)、

古代メソポタミアは多くの民族の興亡の歴史でもあったとのこと。

このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

ファクラー

Author:ファクラー
風向きが良ければ、楽しんでいただけるかと。

(C)2005-2013 TECMO KOEI GAMES CO., LTD. All rights reserved. このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大航海時代 (103)
大人の絵画 (1)
大人のダンジョン倶楽部 (16)
ナツメースの旅 (7)
大海戦 (1)
イベント (4)
もくじ (1)
発見物・史跡 (4)
発見物・宗教建築 (6)
発見物・歴史遺物 (20)
発見物・宗教遺物 (7)
発見物・美術品 (8)
発見物・財宝 (16)
発見物・化石 (4)
発見物・虫類 (6)
発見物・植物 (14)
発見物・鳥類 (7)
発見物・小型生物 (2)
発見物・中型生物 (8)
発見物・大型生物 (6)
発見物・海洋生物 (5)
発見物・地理 (21)
発見物・天文 (9)
発見物・気象・現象 (3)
その他 (27)
ファクラーの長期資本管理~嗚呼投資にはほど遠し~ (1)
競馬 (4)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR